iPhone5Sが、爆発的に売れています。しかし、この現象は、先進国と中国に限った話のようです。

日本は、どうかというと、やはり、買い替えが多いようです。



スマホ市場では、やはり、アンドロイドのシェアが多いです。

これは、世界でも日本でも同じです。

しかし、ブランドという点では、アップルに負けてしまいます。



最近は、iPhoneを持つという事が、ルイ・ヴィトンやロレックスと同じに思えてきます。

あの背面のロゴ、そして、デザイン。

それらが、購入者の優越感を生んでいるように思います。

事実、アイフォン5Sについても、ほとんどが買い替え客だそうです。

つまり、新型が出たから、スマホに乗り換えようという人は、ほとんどいないのです。



中国では、金と銀のカラーは、すぐに売り切れたそうです。

また、ゴールドカラーは、中古市場で二倍以上の値段が付けられているそうです。

性能より流行や所有欲、そういう部分で売れているように感じます。