米国AppleのCEOであるスティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)氏は8月11日、iPhoneにダウンロードされた悪意のあるアプリケーションを、遠隔操作で無効化できる、いわゆる「キル・スイッチ(kill switch)」機能が備わっていることを認めた。

キルスイッチとは悪意のあるアプリケーションが同社のチェックをすり抜け、「App Store」で販売されてしまった場合の最後の防衛手段として遠隔操作で無効化できる


iPhone を発表するスティーブ・ジョブス