クラシック歌手の秋川雅史さんが歌う千の風になってが100万枚突破した。
クラシック歌手によるミリオン達成ははじめてのこと。
千の風になっての動画



秋川 雅史(あきかわ まさふみ(ウィキペディアより引用)
1967年10月11日 - )は、日本の声楽家、テノール歌手。
愛媛県西条市出身。血液型はA型。
2006年4月頃から母校である国立音楽大学客員准教授を務めている。

4歳よりヴァイオリン、ピアノを始める。
西条市立西条南中学校3年生の時に父の指導のもと声楽家へ転向。
愛媛県立小松高等学校を経て、国立音楽大学卒業、同大学大学院修了。
その後4年間、イタリアのパルマにて修行。帰国後、
ベートーヴェン作曲の交響曲第9番(合唱付き)のソロなど、
数々のコンサートに出演。1998年にカンツォーネコンクール第1位、
日本クラシック音楽コンクール声楽部門最高位をそれぞれ受賞した。

2001年に、日本コロムビアより最年少テノール歌手としてCDデビュー。

2006年12月31日の第57回NHK紅白歌合戦に「千の風になって」にて出場。

紅白歌合戦出場後、「千の風になって」が2007年1月15日付の
オリコンシングルチャート第4位にランクイン。
テノール歌手として史上初のトップ5ランクインを果たし、
1月22日付のオリコンチャートにて1位となる
(2006年6月12日付オリコンシングルチャート初登場168位だったので、
100位以下の初登場から1位になったのはオリコン史上初)。

代表作「千の風になって」は、
著名な詩「Do not stand at my grave and weep」
(作者不明であるが、メアリー・エリザベス・フライの作とする説が有力)を、
新井満が日本語に訳し同氏自らが作曲・
歌唱したものがオリジナルで、秋川の歌唱はカバー曲にあたる。

コンサートは、ピアノ伴奏のみによる形式と、前半をピアノ伴奏、
後半をバンド(ピアノ・バイオリン・ギター・ベース)をバックに行う形式をとる。

実家の西条祭りには毎年スケジュールをやりくりして帰省するほどの祭り好きである。



千の風になって関連サイト