7月29日の参議院選挙で自民党と公明党が歴史的な敗退!

自民党の議席が過半数を割って民主党は1党に躍進した。

この結果、民主党が参院議長ポストを獲得し、法案審議の主導権を握る見通し。

自民党が敗退したことで消費税の値上げも先延ばしになる見通しで、
阿部首相の進退問題もあげられる。

また、小沢一郎代表が「遊説疲れのため2、3日静養する」と述べ、数日は公の場に姿を現さないことを明らかにした。